トップページに戻る

磁気単位換算
SI単位とCGS単位の換算
(1)     成形磁石の特性評価に使われる主な単位の換算
SI CGS CGS SI
磁束密度 (B) 1 (T) 10 (kG) 1 (G) 10-1 (mT)
磁界 (H) 1 (A/m) 4π/103  (Oe) 1 (Oe) 103/4π (A/m)
       
  12.5 (mOe)   80 (A/m)
最大エネルギ−積  1 (J/m3) 4π×10 (GOe) 1 (GOe) 10-1/4π (J/m3)
(BH)max 1 (kJ/m3) 4π/102 (MGOe) 1 (MGOe) 102/4π (kJ/m3)
     
  0.125 (MGOe) 8 (kJ/m3)
磁化 (M) 1 (kA/m) 1 (G) 1 (G) 1 (kA/m)
磁気分極 (J) 1 (T) 10 (kG) 1 (G) 10-1 (mT)
磁気モーメント (m) 1 (Am2) 103 (emu) 1 (emu) 10-3 (Am2)
(2)  磁石粉の特性評価に使われる主な単位の換算
  VSMなどを用いて磁石粉の磁気測定を行なう場合、単位重量当たりの磁気モーメントを求めて、磁化および磁気分極への換算を行なうのが一般的である。
 それぞれ測定する数値をw,m,ρで表すと、磁化(M)および磁気分極(J)はそれぞれ次表のようにして求めることができる。
SI CGS
重量 (w) w (kg) w *103 (g)
磁気モーメント (m) m (Am2) m *103 (emu)
単位重量当たりの磁気モーメント m/w (Am2/kg) m/w (emu/g)
密度 (ρ) ρ (kg/m3) ρ*10-3 (g/cm3)
磁化 (M) m・ρ/w (A/m) m・ρ*10-3/w (G)
磁気分極 (J) 4π・10-7m・ρ/w (T) 4π・m・ρ*10-3/w (G)
gNiを例に取れば以下のようになる。
ここで、
Niの飽和磁化は485.6 kA/mとした(JIS C2501:1998)
SI CGS
重量 (w) 0.002 (kg) 2 (g)
磁気モーメント (m) 0.10912 (Am2) 109.12 (emu)
単位重量当たりの磁気モーメント 54.56 (Am2/kg) 54.56 (emu/g)
密度 (ρ) 8.9*103 (kg/m3) 8.9 (g/cm3)
磁化 (M) 485.6*103 (A/m) 485.6 (G)
磁気分極 (J) 0.6102 (T) 6102 (G)